●CAP(子どもへの暴力防止)プログラム●  ●CAP・にいがたプロフィール・連絡先●


 CAPとは
 hild ssault revention (子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、いじめ・虐待・痴漢・誘拐といったさまざまな暴力に対して何ができるかを、子ども、保護者、教職員、地域の人々に伝えるプログラムです。
 
 
いくら子どもが心配だからといっても、おとなが一日中そばについて守ることはできません。そこで、何かあった時どう対処したらよいかを子どもに教えておくことが必要になるわけです。 CAPは従来の「〜してはいけません」式の危険を防止する教育とは根本的に異なり、子どもたちの自尊感情を高め、あらゆる暴力に対して、心と体と知恵をもって自分を守る力を身につけていく「人権教育プログラム」です。


 CAP子どもワークショップでは
 子どもたちは誰でも 「安心して」「自信を持って」「自由に」生きる「3つの大切な権利」を持っていることを、寸劇や話し合いを通して伝えます。そこで子どもたちは、自分を大切にし、人をも大切にする心を学びます。そして自分の「3つの大切な権利」が奪われそうになったら「イヤと言う」「逃げる」「相談する」という方法があることを知り、必要なときにあげる特別な叫び声を練習します。

 子どもの年齢に応じて「CAP 就学前プログラム」「CAP 小学生プログラム
CAP 中高生プログラム」が 現在実施されています。

 CAPの役割は 子どもたちに自分の大切さを教え、子どもたちが本来持っている力を引き出す(エンパワメントする)ことなのです。


 CAPおとなワークショップでは
Menu
 ●保護者ワークショップ
   子どもワークショップの内容や、子どもへの暴力の概要、
   子どもへの支援の方法などを伝えます。

 ●教職員ワークショップ
   保護者ワークショップの内容に加えて、より専門的な情報を提供します。

 CAPは1978年にアメリカ・オハイオ州コロンバス市のレイプ救援センターで作られ、1985年に森田ゆりさんによって日本に紹介されました。その後 1995年頃から日本各地で実施されるようになりました。((J−CAPTAのページはこちら))

 CAP・にいがたは、1996年8月に森田ゆりさんによる養成講座を修了したCAPスペシャリストで同年9月に発足し、2013年3月現在、新潟県内の子ども約76,000人/おとな約59,000人、合計約135,000人にCAPワークショップを届けることができました。現在、主婦・教師・養護教諭・保育士・カウンセラー など 約30人のメンバーで活動しています。
(CAP・にいがたの詳しい実績はこちら

 CAP・にいがたは『一人でも多くの子どもが、人権意識を高め自分を大切にし、他者も尊重できるように、そして自分の身を守ることができるように』という願いで活動をしている非営利団体です。運営・活動がスムーズに行われるように、そして質の高いワークショップが提供できるように会議・研修を重ねるとともに、各ワークショップの前には綿密な打ち合わせと充分な練習を行っています。

 どうか、当会の活動をご理解、ご支援くださいますようお願いいたします。


Menu

  CAP・にいがた


      〒951-8127
        新潟市 関屋下川原2−18
        Tel & Fax  025− 265−1617

   事務局の開局時間 : 
火・水・木 13:00〜17:00
   ※上記以外の時間は留守電又はFaxにてご連絡ください