CAPプログラムは、
子どもがあらゆる暴力から自分を守るための教育プログラムです。
特に学校教育の場で危険防止教育として実施され、
いじめをはじめ、誘拐、性暴力に対し効果が実証されています。



ワークショップ種類 構成・内容
おとなワークショップ  
 ・CAPでの暴力防止教育とは
 ・子どもワークショップの紹介
 ・私たちおとなにできること

子ども

ワーク

ショップ
就学前
プログラム
 
 ・「あんしん」「じしん」「じゆう」の権利
 ・4つのロールプレイ 
    1.いじめ
    2.知らない人からの暴力
    3.知っている人からの暴力
    4.先生に相談
 ・トークタイム(復習・練習・相談の時間)

小学生
プログラム

 ・暴力について(高学年のみ)
 ・大切な3つの権利  「安心」「自信」「自由」
 ・権利を守るための方法  「NO」「GO」「TELL」 
 ・4つのロールプレイ と 話し合い
    1.いじめ
    2.誘拐
    3.性暴力
    4.相談
 ・トークタイム(復習・練習・相談の時間)

中高生
プログラム


 ・暴力について
 ・大切な3つの権利  「安心」「自信」「自由」
 ・権利を守るための方法  「NO」「GO」「TELL」 
 ・4つのロールプレイ と 話し合い
    1.性暴力
    2.いじめ
    3.親からの体罰
    4.知っている人からの暴力
 ・トークタイム(復習・練習・相談の時間)

Menu